2011年12月31日

インタビュー21、22人目。

今回のインタビューは、石巻の湊地区でカーシェアリングを始めた山口さんと及川さんです。

港地区は仮設住宅ではなく、アパートやご自宅で自宅避難をされている方々が、ご近所同士でカーシェアリングを利用されている所です。この日は代表の山口さん宅へJAF加入の案内に伺いました。ご自宅が被災し、近くのアパートに仮住まい中の及川さんも来てくださいました。

山口さんのご主人を含め、みなさんで震災当時の経験を思い出しながら、いろいろな意見を出してくださいました。車に積んでおいたほうがいいものとしてすぐに出てきたのは

・懐中電灯
・ラジオ
・乾電池

の3点です。一般的に2〜3日分の用意が必要と言われていますが、電池などは1週間分は必要だとのお話もありました。また、山口さんは

・ランタン

を挙げ、懐中電灯は遠くを照らす時、ランタンは近くに置いて使う、と使い分けては、とのアイデアも出してくださいました。他に

・水ペットボトル 2〜3本
・非常食(乾パン、缶詰、アルファ米など)

の意見も出ました。アルファ米は味もそこそこで、缶詰と一緒にあれば重宝するとのこと。山口さんは、チョコレートもあるといいが溶けてしまう…ともおっしゃっていました。
及川さんからは、食料は長持ちするものにして、車検ごとに取り換えるというのもいいかもしれない、とのご意見をいただきました。これは分かりやすいし、消費期限が切れてしまう心配もないので良いアイデアですね。

大橋産業さまからご提供いただいたインバーターの話になり、携帯電話の充電などができることを説明しました。すると、みなさん「発信することは大切」とおっしゃり、その助けとなり得るインバーターの搭載を喜んでくださいました。インバーターは非常時だけでなく、普段の充電にも使えるので、ぜひ活用していただければと思います。

いろいろなご意見をくださった山口さん、及川さん、ご協力ありがとうございます。


posted by あやこ at 03:11| Comment(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

雪の石巻

昨日の朝、再び石巻にやってまいりました。
ほんの数日間だけですが、カーシェアリング協会のお手伝いと、被災者の方へのインタビューを進めたいと思います。

今朝は、晴れているのに雪が降っていました。私にとって今年初雪です。もう年末ですが…。
昨日は、カーシェアリング協会のたけさんの協力で、多くの方に防災バッグについてインタビューができました。今日もどんどんインタビューし、ブログにアップしていきます。

snow.png
posted by あやこ at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

インタビュー20人目。

インタビュー20人目は、渋谷さんです。
渋谷さんも仮設住宅にお住まいで、カーシェアリング利用者のお一人です。買い物に、奥さまの通院にと頻繁にご利用いただいているようです。

元バスの運転手という渋谷さんは、車と共に生きてきたとおっしゃるほどの車好き。お話をしていて、今もカーシェアリングの車を運転できることを喜んでいらっしゃる様子が伝わってきました。

インタビューにも快く応じてくださいました。バスの運転手としてのご経験から、まず

・発煙筒
・三角停止板

は装備されているべきものだとのこと。さらにバスには消火器が備わっていたそうです。ほかに

・救急箱(包帯、絆創膏など)
・懐中電灯
・チェーン

などが挙げられました。カーシェアリング用車両はすでにスタッドレスタイヤになっていますが、いざという時のためにチェーンもあると良いのでは、とのことです。

実はこの日(12/4)の朝日新聞に、渋谷さんが取材された記事が掲載されました。すると、なんと同級生がその記事を見て、数十年ぶりに連絡をくれたそうです。懐かしく、喜びに涙が流れたとのお話に、こちらまでじーんとしてしまいました。

111204_185910.jpg
奥さまも運転好きだったそうです
posted by あやこ at 21:33| Comment(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。